国内における落雷は、世界中を見ても非常に多い国と言われています。よって落雷による被害報告も多いとされています。子供において雷の音は恐怖です。子供のころからの恐怖心が大人になっても変わらないという方も多いのではないでしょうか。落雷の被害は建物だけでなく心身にまで影響を及ぼすものとなります。落雷の対策と言えば避雷針工事です。避雷針によって落雷を受け止め、被害軽減に大きく貢献しています。ある調査によると、自然現象による被害は落雷が70%近くあるとされています。避雷針工事がどれだけ有効なのかが窺えるデータとなっています。落雷における被害は、家一軒全焼してしまうほどの威力を発揮する事があります。被害費用を考えただけでも莫大なものであることがわかります。避雷針工事を行う事によって財産の保護につながることは言うまでもありません。仮に避雷針が設置されていなかった場合、避雷針工事の専門業者の存在によって設置出来るものなので相談してみる事は重要となります。

避雷針工事を行いたい場合、まず気になるのは費用です。避雷針工事でも、あらゆる工事と同様、それにかかる費用に加え出張料が発生します。新設の避雷針工事にかかる費用は、その性能や設置環境などによって大きく異なりますが、120万円前後するものとされています。非常に高額な費用に思えるものですが、先ほど述べたように、被害費用の膨大さと比べるとわずかなものとなります。また、心身の安全面からも優れているものですから尚の事です。一方、避雷針工事は新設のみならず、移設や撤去もおこなっています。これらにかかる費用は新設よりも安く40万円程が相場となっています。撤去に関して環境によってさらに安くなるケースが多いものとなります。